読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃん、お母さんになる。5 トイレにいきたい!

痛みより私を苦しめていたもの。

それは、尿意でした……w

 

診察前に一度トイレに行っていたものの、

妊娠中はとにかく頻尿。

それも事態が急変するうちは意識しなかったものの、

搬送中という状況になって

急に思い出してしまったのです……。

 

「血圧を下げる薬が、効いていますよ。大丈夫ですよ」

付き添いの優しい看護師さんが、聞いてくれます。

「大丈夫ですか?寒くないですか?」

「寒くはないんですが、あの……」

いうしかない。

「病院に着いたら、トイレっていけるんでしょうか……」

「あ!出発前に行けばよかったですね。大丈夫ですか?」

病院までは1時間ちょいと聞いていたので、

なんとか我慢できる……はず……!と思い

「病院までは大丈夫だと思うんですが、

いろいろあったらつらいかもしれないです」

ついたらすぐに診察とかそれどころか内診とか言われたら

大変なことになるかもしれなくてよ……と思いましたw

「わかりました!着いたら、トイレいきたいって

ちゃんとアピールしますね!」

ああ、心強い……あと救急隊員の方、

聞かないふりしてくれてありがとう……と心の中で、感謝。

「〇〇医大って行ったことがありますか?」

「ない……です。聞いたことはあるんですが」

不妊治療中、何度か聞いた名前でした。

「とっても広いんですよ。だから、旦那さんとお母さん、

到着したらどこにいけばいいかわかりにくいと思うんです。

救急車の出入り口があるので、そこで待っててくださいって

お伝えしたほうがいいかもしれません」

救急車の中で電話していいのかな?と思いましたが、

携帯で夫に連絡しました。

運転中だから難しいかな?と思っていましたが。

「もう着いたよ。救急車の入り口ね、わかった」

「えっ、救急車がまだなのに……」

夫が先に到着していたことを伝えると

看護師さんは驚いていましたw

 

救急車がたどり着くと、夫が顔を覗き込んできました。

「大丈夫?」

今度は「?」つきだな、なんて思いました。

ストレッチャーで廊下を進み、エレベーターに乗り、

(今どこにいるのかな、私)

と思っている間に、ある部屋にたどり着きました。

 

まず思ったのが、

(広い)

そして、

(人がいっぱい……)

でした。

 

医師らしき人が数人、看護師が持ってきた紹介状?を見て

看護師らしき人も、他の白衣の人もぱたぱた動き始めました。

まず腕についた点滴の薬について問いただしたり、

針の太さを確認(左腕だけ細い針でした)し、再度別の針を刺したり。

物珍しさといっては変ですが、

何かがまた始まってるという緊張感で

また一瞬尿意を忘れましたw

しかし、問診を受け、足の付け根あたりに注射、

さらに下腹部を剃毛……ということになったあたりで、

「尿意!」とハッと思い出したのです。

「下着下げますね」

と白衣の方に言われたところで、思わず、言ってしまいました。

「あの!……あの、トイレって……いけますかね?」

そのあたりで、もうひとつ、思い出していました。

(クリニックの看護師さん、アピールしてくれるって言ったのにぃ…)

しかし、自分の尿意くらい自分でアピールせねば。

甘えちゃいけない、だってこれから私はどうやら

本物のお母さんになってしまうのだから……。

ちなみに、看護師さんは私を引き継いだら姿を消していました。

 

「トイレ?」

「はい、あの、すごくいきたくて」

「ちょっと無理ですねーでもすぐに管いれますから」

ちゃっちゃっと注射を受け、剃毛をされ。

(管?)

管って、え、あの……例の……。

すごく痛いって聞いたような、いやそれは男性だけか?

でもどう考えても自然の摂理に逆らってるし

管って……管って……!

と一瞬のうちにぐるぐるしていまいました。

が、すぐに

「それって痛いですか⁉」

痛いの大嫌いなんです。

「痛いっていうか、違和感はありますね」

とか言ってる間に、その管はやってきてしまいました。

「動かないでくださいね。動くと危ないから」

動きたくなくても動いちゃう場合はどうしたらいいんでしょうか⁉

と思っている間に、……ん?確かに違和感、……お?

あれ……尿意……ない……。

あの感覚は、今でもすごーく不思議ですw

さっきまで脳みそを支配してた尿意が、

あの排泄の感覚もないのにすっきりなくなったのですから。

 

手術をしてからいろいろと怒涛の驚きを味わった私ですが、

これが一番最初の「衝撃」でしたw