読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃん、お母さんになる。2

実は私、そこそこ太っています。

おばちゃんという見出し通り、アラフォーです。

母親は糖尿病で、父方の祖母も重度の糖尿病。

妊娠中、自分に糖尿病の因子があることは

自覚していたので、必死で節制していました。

(もっとも、つわり中に菓子パンしか受け付けなくて

血糖値の数値が悪く結局食事指導を受けることにはなりました…)

その結果、9か月目に入っても体重は妊娠前から1キロ増。

デブだから問題ないとはいえ、それでも病院では

「節制頑張ってるね。この調子でね」

と褒められていました。

 

だから、まったく予想していなかったのです。

 

……血圧、180/105?

 

この時は、「測り間違えたかな?」と

再度計測。下がったけど、157/98。

 

でも、まだのんきでした。

「なんか血圧すごく高い。先生に怒られちゃうかな。

この前ラーメンなんか食べたのがいけなかったのかな」

夫にいうと、

「180って……ちょっと高すぎるんじゃないの?

大丈夫?」

「うーん、大丈夫じゃない。今日から薄味じゃないとね」

などと言っていたら、看護師さんが焦った様子でやってきました。

 

「ちょっと血圧が高いみたいなので……

こちらで計測してみましょうか」

あれ……と思いました。

にこにこしていつもの優しい顔だけど、なんだか緊張している。

看護師さんが手動で血圧の計測をしてくれましたが、

私は徐々に「なんか……やばいのかな……」と不安になりました。

 

そして、いつもと違う診察室に呼び出され、

エコー診察。

「赤ちゃんは元気ですねー」

ホッ……。

「推定2200グラム」

育ってきたなあー。

などと、思えたのは、そこまででした。

 

「お母さんの血圧が、高すぎですね。

 頭が痛いとか、目の前がチカチカするとか、何かありませんでしたか?」

「え?ありません……」

「……このままだと、お母さんの体が危険です。

 いま赤ちゃんを産んでしまわないと、

 妊娠高血圧症で脳内出血をする危険性があります」

「……」

 いまいち、ピンときていませんでした。

 いわれていることはわかるけど、「いま」何をするの?

「受け入れ先の病院を探しますので、少し待っていてください。

 見つかり次第緊急搬送しますので。その前に内診をしましょう」

「あ……はい……」

 内診、じゃあ、ジーンズと下着を下ろさないと。

 やらねばならないことがわかって、やっと脳みそが動きました。

 でも、まだ動いていません。何を探して、何をするんだっけ?

 

内診のため診察室から出されていた夫が、

診察室から出た私を見て「大丈夫」と言ってくれました。

「うん……お母さんに連絡してくれる?」

「わかった。……赤ちゃん元気だから大丈夫」

「うん」

何が大丈夫なんだっけ?

 

まだ、私は何が起こっているのか、遠くに感じていました。