読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃん、お母さんになる。

2017年、2月7日、私はお母さんになりました。

不妊治療を2年した末のことです。

 

その日はとても晴れた日で、私は妊婦検診のため

産院に向かっていました。

地元では人気の産院で、妹も親類も、みんなそこで産んでいます。

実際、院内は先生方を含めとても雰囲気がよく、

さらに食事がおいしいことで有名。

「早くここで産みたいな」と思っていました。

 

妊娠も9か月に入った34週目だったため、

夫が休みを取って同行してくれました。

当初は母が同行してくれる予定でしたが、

平日休みでないとできないことをしておかねば、

というのもあってのことでした。

 

それはコストコIKEAに行くことw

赤ちゃん用品をまだ揃えきっていなかったのです。

それは、長い不妊治療の間に起こった様々なことが理由で、

私に芽生えていた臆病さが原因でもありました。

赤ちゃんのためのものを揃えてから流産したら、

自分は生きていられないかもしれない。

何度かあったその過去のせいで不安でたまらなかったのです。

でも、いよいよ9か月目。

もう、赤ちゃん用品を買っても大丈夫だよね……?

と、おそるおそる小物を揃え始めたのが最近のこと。

そして、ついに大物も消耗品もどんどん買っていこう!と思っていたのです。

 

そんなわけで、私と夫にとってその日は大忙しの一日の予定。

病院にいって、買い物にいって、赤ちゃんがいない間にしかできないところで

食事だってしてきちゃって。

算段をしながら、慣れた病院で診察前の血圧検査と体重測定、尿検査。

 

ところが、そこで事件が起こりました。